2006年03月11日

とりあえず旅行について

更新が滞ってますが気にせず。

便りの無いのは元気な証拠ということで。

卒業旅行はとっても楽しかった。
海外に行くのはやっぱりおもしろいなぁと思った。
日本では当たり前のことが当たり前でないことに気づかされる。
逆もまたしかり。

たとえば…
 
イタリアの電車やバスはお金を払わなくても乗れそう…。
パンは食事を頼むとついてくる。そして気づかぬうちに加算されている場合と無料のときがある。
チップってむずかしい。
水はありがたい。日本の水はおいしい。
有料トイレが多い。
ミュンヘンの雪はほんとに粉。結晶のまま積もる。
スーパーは蛍の光とかで店の終わりをさりげなく知らせるのではなく、店員が店内を回って早くレジに並べと直接かつ強気で言ってくる。
CAFEはエスプレッソ。
フランスはフランスパンとデニッシュが主流。

もっと色々あったけどとりあえずはこんなとこかしら。


今回イタリア、ドイツ、フランスに行った。
どこに行ってもその国の言語ではなく英語で色々聞いた。
(本とかで調べてイタリア語で質問することもしてみたのだけれど、イタリア語で聞くとイタリア語で説明されちゃって、聞き取る能力は皆無なので意味が無かった…。)
にもかかわらず本当にたくさんの人がやさしく応対してくれた。
むこうも片言の場合もあったけど一生懸命伝えようとしてくれ、実際大体解った。
本当にありがたかった。

はて、日本人はどうか?外国人の観光客に英語で聞かれたとき、あーむりって断ってしまう人が多いんじゃないか?って思った。
ましてや自分の降りるバス停を乗り過ごしてまで「ここで降りればいいよ」って教えてあげることなんてできるか…?(フィレンツェの青年は本当に優しかった)

私は優しくなろう。
旅先で優しくされて、私はイタリア、ドイツ、フランスに好意を抱いた。
一国の印象を一市民の行動が決定付けることもあるっていうことだこれは。
日本にきた外国人に「日本はあんまりいい国じゃないなぁ」って感じて帰られちゃったらグローバルなこの世の中、日本にとって大きな損失だよなぁ。
よし、優しくなろう。世界平和への第一歩。

(英語を勉強しなおしたい)

そんなことを思った。

posted by yu+ri at 00:21| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。